日本バプテスト連盟 所沢キリスト教会

埼玉県所沢市泉町のプロテスタントの教会です

聖書日課 (「聖書教育」誌「準備のための聖書日課」の箇所より) by 坂本牧師’

士師記8章22~35節 「それが罠となった」 9月24日

2017-09-24

ミディアン人に勝利したギデオンを人々は王に立てようとします。ギデオンはその要請に対して、「主があなたがたを治められる」と断ります。ところが、ギデオンは戦利品の提供を求めます。その心は金銭への執着であり、神的な権威と思われる祭司職へのあこがれです。「おごってはならない」ことは知りながら、権力や地位を求めたのです。特に祭司は自分で決めるものではありません。豪華なエフォドを「救いの目に見える印」としたことで、見えない神がこの世の価値観と同等にされ、金や宝石の姿をとるものとなったのです。「姦淫」とは主なる神ではないものを神としていくことです。「罠となった」との歴史家の言葉が印象的です。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 大牟田フレンドシップキリスト教会。福岡県大牟田市七浦町74-6にあります。祈りの課題は以下です。①障がいのある人も安心できる教会。②主日礼拝、CSと祈り会の充実。③教会員とその家族の健康と信仰祝福。 牧師・金子 敬、協力牧師・福井正躬、教会主事・叶 義文、音楽主事・田中真理

士師記8章13~21節 「争いの結末」 9月23日

2017-09-23

 昨日の続きです。ギデオンはミディアンの二人の王(ゼバとツァルムナ)を捕えて戻る途中で、スコトとペヌエルの人々に対して報復を行います。また二人の王がギデオンの家族を殺したのかどうかと尋ねます。ギデオンの家族殺害のことは士師記でここにしか書かれていませんが、ギデオンの怒りや恨みの深さを知る記事です。二人の王は正直に「あなたによく似ていました」と答え、さらにギデオンから直接殺されることを願うのです。「三日月形の飾り」は「月」を信仰していた印であり、「お守り」だったのでしょう。ここにある悲惨な事件は、わずか70数年前の日本で、そして今日も、人間が克服できていない現実と知らされます。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 羊の群れキリスト伝道所。菊池シオンキリスト教会の伝道所になります。住所は熊本市西区田崎本町9-18です。祈りの課題は以下です。①私たち群を集めてくださる主に感謝!②皆が礼拝を大事にし、神の栄光を経験させてください。③関係伝道、日曜学校を成長させてください。牧師・朴 哲浩(パク・チョルホ)

士師記8章1~12節 「士師の様々な人間性」 9月22日

2017-09-22

ギデオンが部下と共に逃れるミディアン人を追跡する時に二つの問題が起こります。第一は身内からです。エフライム族が最後に戦いに呼びかけられたことで自尊心が傷ついたのでしょう。ギデオンを激しく攻めます。ギデオンは相手に対してミディアンの将軍を二人討ち取った手柄をほめます。第二はスコトとペヌエルの人々がギデオンの食糧供給の願いを断ったことです。理由はギデオンが本当にミディアンに勝利するのか疑問があり、ミディアンが態勢を立て直した時の自分達の立場を考えたのです。協力を得られなかったギデオンが報復を宣言したのはどうかと思いますが、部下への責任もあったのです。士師にある様々な人間性を通して私共の様々な姿も見えますね。今日はO・Kさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 菊池シオンキリスト教会熊本県合志市幾久富1866-330にあります。祈りの課題は以下です。①教会堂補修の必要が満たされるように。②兄弟姉妹方の健康が守られますように。③諸集会が祝福されますように。 牧師・濱川 耕一

詩編106編 「主は待っておられる」 9月21日

2017-09-21

106編は105編と相互補完的、対話的関係にあり、106編では主の救いのみ業にも関わらず、イスラエルが主を信頼することに失敗したことに焦点を合わせています。多くの恵みを頂きながらも、私共は簡単に主を忘れ、主との繋がりを断ち切るのです。長く続けた友との親交がたった一つの勘違いや過ちで失われてしまうように、神との関係をも自ら切り裂くのです。なんと弱くもろい私共の信仰でありましょう。しかし、断ち切られた絆を主ご自身は憐みをもって、再び繋ぐことを待っていらっしゃいます。主は「もう堪忍袋の緒は切れた、仏の顔は三度まで」とは仰いません。放蕩息子のように主の家に戻ることを待っています。あなたの口に讃美を与えるために。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 種子島バプテスト伝道所。鹿児島県熊毛郡中種子町納宮1571-5にあります。日本バプテスト熊本愛泉教会の伝道所です。祈りの課題は以下です。①黎明宣教会へのお祈りと支援の継続。②牧師の後継者が与えられますように。③エデンの園の働きのために。牧師・沼田 俊昭

詩編22編 「苦しみ叫ぶ時に」 9月20日 

2017-09-20

この詩編は冒頭の言葉が主イエスの十字架上での言葉との重なりと、この詩編で描かれている自己描写と主イエスの人格との結びつきから、主イエスを通して理解され、読まれるようになりましたし、それを否定する必要もありません。主イエスは冒頭の言葉を自らの叫びとされた時、苦しむ者たちの仲間となり、絶望の叫びを含む信仰は人生最悪の時にもなお神に差し出されるのです。この詩編では神との関係(神の保護がないように思われる)、他者との関係(人は拒絶し、攻撃する)、自己との関係(生命力の喪失)の面から記されます。しかし受難はしばしの沈黙を経て、復活を喜び祝う賛歌へと変えられます。苦しみ叫ぶ者よ、主と共によみがえりの命を待ち望もう。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 八代バプテスト伝道所。熊本県八代市井揚町3217-1にあります。日本バプテスト熊本愛泉教会の伝道所です。祈りの課題は以下です。①地域に愛される教会を目指して。②礼拝に来れない方々への牧会のために。③神様からの祝福を素直に喜べるように。牧師・桑原 伸良

サムエル記上6章1~9節 「信仰をもって受けるみ言葉」 9月19日

2017-09-19

イスラエル王国が樹立する少し前、「主の箱」(=神の箱、十戒の板が入っている)がペリシテ人に奪われますが、ダゴン神の像が主の箱の前で倒れることが続き、住民に「はれ物」を伴う病が流行り、死者も出て、厄介物として戻されます。「はれ物」の模型はどのようなものだったのでしょう。そして10節から「主の箱」と賠償物を載せた車を牛にひかせ、そのあとをペリシテの領主たちがついていくという愉快な光景が記されています。御言葉は戦利品として飾ってもそれは不利益しかもたらさないのです。信仰を持って受け止める時に御言葉はあなたの内に働くのです。月にはアポロが置いた聖書があるそうですが、聖書は人間の現実の中で読まれ、意味あるものとなります。今日はK・Yさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 山鹿バプテスト伝道所。熊本県山鹿市中222-1にあります。日本バプテスト熊本愛泉教会の伝道所です。祈りの課題は以下です。①伝道所から教会組織への取り組みを。②地域に根差した救霊の働きを行う。③世界宣教にかかわりを持つ教会。        牧師・船越 哲義 

出エジプト記28章1~12節 「大祭司の祭服」 9月18日

2017-09-18

旧約聖書で言う「礼拝所・聖所」の設備等の規定に続き、今日の箇所では大祭司の祭服の規定が記されます。「エフォド」はエプロン状のものを肩ひもで吊り、腰で締めます。肩ひもの間に「胸当て」、更に上着や羽織る着物、ターバンが巻かれ、飾り布が着けられます。高価な材料が用いられ、宝石で装飾されているという見事なものです。後にダビデ王が「契約の箱」をエルサレムに搬入した際、エフォドを着て踊ったという話もあります。その豪華さは神の豊かさと偉大さを示したのでしょう。私どもプロテスタントは祭服に豪華さを求めません。なぜなら、十字架上の主イエスを知っているからです。士師記では豪華なエフォドが人々の心を神から離すのです。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 北九州新生バプテスト伝道所。北九州市門司区中二十町1-29-401が連絡先です。日本バプテスト熊本愛泉教会の伝道所です。祈りの課題は以下です。①老人の幸を祈る御言葉。②平和に徹した世界伝道。③光ある家族伝道を祈る。                牧師・柴田 玲子

士師記7章1~8節 「1パーセントの希望」 9月17日

2017-09-17

ミディアン人に対抗するためギデオンの下に集まった兵は3万2千人。敵は13万5千人。戦力が劣るのにも関わらず、主はギデオンに「あなたの兵は多すぎる」と語ります。「とんでもない」と思いますが、それは人の力に頼らず、神の知恵に頼ることを教えるためでした。そしてテストを行います。まずは「恐れる者は帰りなさいテスト」。残ったのは1万人。志願兵でも「恐れ」がありました。次は水の飲み方で兵士としての適不適を判断し、残ったのは300名。「思い」があっても資質がなかったのです。300名は当初の約1%です。でもこの一%を用いて主は未来を拓きます。今の時代にあっては平和を願う働きを世界の1%の人々が行う時に変化が起こるのかもしれません。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 日本バプテスト熊本愛泉教会。熊本市西区谷尾崎町88-8にあります。1898年のスタートなので長い歴史を持つ教会です。少し坂を上ったところにあったと記憶しています。祈りの課題は以下です。①礼拝の喜び、奉仕の喜びを共に分かち合う。②信仰の継承者の育成。③礼拝出席困難者、高齢者の健康。牧師・濱田 修三

士師記7章16~25節 「ギデオンの勝利」 9月16日

2017-09-16

 ギデオンは300名の兵を3組に分け、角笛を持たせ、水がめの中に松明(たいまつ)を入れ、夜10時過ぎ、番兵(歩哨)の交代直後、三方向より敵陣に襲撃し、角笛(ラッパ) を鳴らし、水がめを砕き、叫び声をあげます。突然の襲撃に敵陣では同士討ちが行われ、一部兵士は逃走します。加えてギデオンは(多分すでに準備されていた)使者により逃走した兵士らを迎え討つ作戦を敢行したのです。さて「国際ギデオン協会」という団体が1899年から活動を始め、世界中で聖書の配布(それぞれの言語で)を行っています。日本でも無料で聖書の配布をホテルや学生等に行っています。当教会にも数年に一度はギデオン協会の会員が支援の呼びかけにおいでになります。小さな本ですが、あなたの人生を変え導く宝の本になるかもしれません。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 豊岡キリスト伝道所。熊本県合志市豊岡1900-5にあります。合志町は熊本市のベッドタウンです。本年、牧師が病気のため辞任されました。この教会は緑豊かな地にあります。祈りの課題は以下です。①兄弟姉妹方の健康が守られますように。②6月から無牧師になりましたが、礼拝が恵まれますように。③地域の伝道に努めます。代表者・高倉光子

士師記7章9~15節 「希望が見える時」 9月15日

2017-09-15

ギデオンは配慮ある主の言葉に従い、敵陣偵察に行きます。そこで見たのは驚くべき敵兵の多さ。数に圧倒され、勝利への自信は砕かれます。ところが敵陣で聞いたのは夢の話。大麦の丸いパンがミディアンの陣営に転がり込む、という内容です。「大麦の丸いパン」とは農民であるギデオンの剣を指します。争いの時は「不安」の時です。それは双方に必ず起こります。ギデオンが敵の不安を知った時、勝利を確信し、主に感謝しました。勇気を与えられたギデオンは勇んで自分の陣に戻るのです。私共も人間関係の中で何かの話を進める時、相手の思いが解らず、不安にかられる時があります。でも「不安」は実は互いにあるものです。自分が不安な時は相手も不安なのです。主の御心を求める時に心安く向きあうことができます。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 日本バプテスト東熊本キリスト教会。熊本市中央区水前寺4-31-22にあります。有名な「水前寺公園」の近くです。この教会の牧師である保田井先生は地震の頃は、しばらく車の中で生活されておられました。高齢でありながらずいぶん、お辛かったと思います。祈りの課題は以下です。①地震後の会堂と墓地修復のために。②新会堂建築への歩みのために。③各人の豊かな信仰生活のために。牧師・保田井 建

« Older Entries
バナー
※このホームページ内の聖句は
すべて、『聖書 新共同訳』:
(c)共同訳聖書実行委員会
 Executive Committee
 of The Common Bible
 Translation
(c)日本聖書協会
 Japan Bible Society ,
 Tokyo 1987,1988
から引用しております。

アクセスカウンタ

ユニーク

ページ|ヒット |ユニーク

  • 24時間: 0
  • 7日間: 419
  • 30日間: 1,161
  • オンライン: 0