日本バプテスト連盟 所沢キリスト教会

埼玉県所沢市泉町のプロテスタントの教会です

聖書日課 (「聖書教育」誌「準備のための聖書日課」の箇所より) by 坂本牧師’

ルカ福音書9章21~27節 「十字架を負い、従う」 11月22日

2017-11-22

 主イエスが自己の死とよみがえりを語り、その上で弟子たちに語ります。イエスに従うとは、我らも死と復活の道を歩むことです。それは「自分を捨てること」。主に従う時に、自分の思いや計画ではなく、主のみ心に従う道が「自分を捨てる道」です。そして「十字架を負う」とは一つは主の十字架の死によって、赦された者として、感謝をもって歩むことであり、「十字架」は他者を赦し、他者の救いのためなので、他者に仕える歩みへの招きです。そして、十字架を負うためには、何かを捨てなくては負えないので、そこで捨てられるべきは「自己中心、自己実現」の思いです。主に従う歩みはたとえ苦難の中にあっても、その命は無駄にならず、救いの喜びに満たされます。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 鳥飼バプテスト教会。福岡市中央区鳥飼1-6-17にあります。川辺に立つ教会でその名の通り、たくさんの渡り鳥がやってくる教会です。西南学院の保育園・幼稚園の隣りです。祈りの課題は以下です。①病める兄姉の癒しと回復のために。②教会員の霊的成長と一致のために。③喜びと感謝に満ちあふれた教会。牧師・三田 照雄

イザヤ書50章4~11節 「主の光の中を歩め」 11月21日

2017-11-21

 昨日に続き「主の僕(しもべ)」について「忍耐」が記されます。僕の言葉は疲れた人を励まし、「朝ごと…」以下はリビングバイブルでは「朝ごとに、神様は私の目を覚まし、理解力を深め、みこころを示す」と訳されています。そして六節の「打とうとする者には背中をまかせ…」は主イエスが十字架にかけられる前、兵に「打たれた」こと、また山上の説教で「右の頬を打たれたら左の頬を向けよ」などの言葉の響きを聞き取ることができます。10節以下は「お前たちのうちにいるだろうか」という疑問文で私たちへの問いがなされます。自分で人生を歩み、神なしでも自分は歩めると思う者は結果的に苦悩の中で死を迎えるのです。主の光こそ、わが道を照らす灯です。 

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 西南学院バプテスト教会。福岡市早良区西新7-5-35にあります。西南学院大学の敷地ではありませんが、学校の近くにあり、西南学院関係の方々も多く出席されています。新しいすばらしい会堂ができ、パイプオルガンもあります。祈りの課題は以下です。①12月3日の教会創立95周年記念礼拝が祝されるように。②拡大する伝道の働きを担う奉仕者が与えられますように。牧師・踊 一郎

イザヤ書49章1~9節 「主を待ち望め」 11月20日

2017-11-20

 この49章から第2イザヤの第二部に入り、「主の僕(しもべ)」についての預言が始まります。「主の僕」は神から選ばれた者であり、主の救いを地の果てまでもたらす者となるのです。4節の「いたずらに」というのは「存在・動作などが無益、役に立たないさま」を示し、漢字では「徒」です。「無駄だ」と思った働きが無駄に終わることなく、主が大きな働きと収穫へと向かわせてくださるのです。その時は人間の計算によらず、主が「恵みの時」とされる「救いの日」にそれが実現するのです。それが何より主イエス・キリストにより実現されたことを思うと同時に、日々、主の恵みの時を待ち望む私どもの思いを励ましてくれます。主の御心が実現する日を共に待ち望もう。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 西福岡のぞみキリスト伝道所。福岡市の隣、糸島市篠原西3-3-25にあります。祈りの課題は以下です。①神の愛が地域の人々の不安を支えてくださいますように。②新来者の方々が信仰に導かれますように。牧師・亀井 良雄

イザヤ書46章1~4節 「命を創り、命を引き取るお方」 11月19日

2017-11-19

 「ベル」(=国家神マルドゥク)と「ネボ」はバビロンの偶像です。自分たちを支配しているバビロンの繁栄はこれら国家神の力ではないかと、バビロンに捕囚された人々は考えた状況が背後にあります。今、現実的な目に見える力に頼りたいという気持ちを誰しも持つでしょう。そして偶像は現世的な利益と深く結びついています。しかし、繁栄や国家が永続的ではないように、それを精神的に支える国家神も限界があるのです。そして預言者は主の言葉を示します。主なる神は、どこかに置かれ、飾られる神ではなく、あなたの人生に伴い、命を創り命を再び自分のものとして受け取ってくださる方なのです。今日は朝11時からは浅見牧師を講師としての特別伝道礼拝、午後は「教会バザー」があります。教会バザーは15時まで行っています。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 日本バプテスト福岡城西キリスト教会。福岡市城南区南別府5-10-28にあります。祈りの課題は以下です。①教会の使命を皆が担うように。②世界が分裂ではなく一致へ向かうように。③ご高齢の方の健康が守られるように。牧師・梅崎良則、協力牧師・寺園喜基、名誉牧師・安藤榮雄、カウンセリング担当牧師・ラン・ハンキンス、教会主事・飛永永子

イザヤ書44章9~20節 「活ける神に従う」 11月18日

2017-11-18

 無力な偶像について記される箇所。キリスト教の神も仏像のように見えたら良いのに、と感じる方があるようです。優れた仏像を前にこれだけの作品に命注ぎ、心込めて作った人間の信仰というものに畏怖の念を持たざるを得ません。でも、やはり思うのは、それらは人間の願いが形になったものであり、有限で朽ちていくものです。また、人々の願望を実現するために造られた神ならば、それは人々の欲望の塊でしかないのです。人があって神ができるのではなく、聖書の伝える神は、神が先にあって人が創られたことです。その時に、私どもの信仰も問われます。自分の言うことに従う神か、神の言葉に従う私として生きるのかと。今日はI・RさんとT・Hくんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 福岡西部バプテスト教会。福岡市の隣、糸島氏前原3-13-63にあります。九州大学などの近くです。現在、無牧師ですが、じきに新しい牧師が就任するでしょう。祈りの課題は以下です。①教会学校の充実と信徒の成長。②近隣教会と協力し地域伝道進める。③牧師招聘に主の導きがあるように。代表者・諏訪田 孝一

イザヤ書45章14~25節 「神の関わり」 11月17日

2017-11-17

 今日の箇所は様々な立場の言葉が響き、解釈するにややこしい点があります。一番気になるのが15節の「ご自分を隠す神」と十九節の「わたしは隠れた所で語ったことがない」と語る箇所です。前者は「神の愛の啓示において怒り(あるいは苦難)という非本来的な業の仮面の下に隠していますが、その根底にあるのは神の愛であると考えられます。後者は神ご自身が語る時に、自らを隠さず、明確に預言者(あるいはご自身)を通して正義と公平を語り続けておられるということです。両方真理であり、矛盾ではありません。人が時に自分の奉仕を匿名で行い、一方、正々堂々と自分の名を出し、その責任を明確にして語る時もあります。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 福岡ベタニヤ村教会。この教会は地名ではなく、聖書から名前をとっています。場所は福岡市早良区南庄5-4-37です。地下鉄では「室見」駅がもよりで、教会も「室見川」に沿ってあります。祈りの課題は以下です。①礼拝を喜ぶ。②教会員の交わりを喜ぶ。③証しと奉仕、応答を喜ぶ。 牧師・渡辺 信一、協力牧師・ギャリー・w・バークレイ、水野 英尚、岩尾 清志 

イザヤ書45章2~13節 「あなたは知らなかった」 11月16日

2017-11-16

「あなたは知らなかった」という言葉が4節と5節で繰り返されています。私どもは自分で考え、自分で生きてきたと思っています。自分のことは自分が一番良く知っていると思います。本当にそうでしょうか?あなたが幼い時、あなたのために他の何物をも投げうってあなたの世話をした方があり、あなたのことを一生懸命考えて、アドバイスした方があり、あなたのことを今日も心配し、祈っている方がいます。あなたが困らないように、あなたの性格を知って様々な準備をされた方もいます。あなたは気が付いていないのです。そして、今日、主なる神はあなたの名を呼び、「愛する子」として心配し、あなたに力を与えてくださるのです。今日はM・Aさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 かたえキリスト教会。福岡市城南区片江1-11-7にあります。福岡大学など学校施設も近くに多くあります。祈りの課題は以下です。①地域の人々へ福音が浸透すること。②若者の求道者の信仰決心。③家庭集会が祝福され、広まっていくこと。牧師・肘井 利美、協力牧師・土生 幸子、伝道主事・興津 吉英

イザヤ書63章7~14節 「あなたを背負い救う方」 11月15日

2017-11-15

「心に留める」、その反対は「忘れ去る」ことです。喜びの経験を沢山心に留めている方は幸いです。そのことがあなた自身の歩みに自信を与え、苦難をも耐え忍ぶ力となりましょう。信仰においても主がなされた良き業を覚え続けることが大事です。そして今日の箇所には驚くべきことが記されます。主は人の苦難を自分の苦難とした、と。苦難時に人は自分だけがこのような苦しみを与えられていると思い、孤独になり、人を羨みます。でも、主はあなたの苦難を自らの苦難とされる方です。それは「あなたを背負う」という仕方で。洪水時にとり残された人を背負って安全な場所へ向かう光景が見られました。「足あと」の詩のように、あなたが歩めない時、主があなたを背負って歩まれるのです。今日はT・Sさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 姪浜バプテスト教会。「姪浜」は「めいのはま」と呼びます。福岡市西区姪の浜4-22-9にありますが、地下鉄(JRと連結)の姪浜駅を下車し、海側にいってみるとすぐ前に見えます。礼拝堂は三階になります。とても便利が良い教会です。ぜひ行ってください。祈りの課題は以下です。①新来者の方々の救いのため。②教会墓地建設のため。③会堂修繕のため。  牧師・鈴木 牧人

申命記31章30節~32章12節 「あなたの真の父」 11月14日

2017-11-14

 モーセの歌。モーセの生涯は実に波乱に満ちたものでした。そして最後の40年を神とイスラエル人の間で歩みました。その長年の経験を経たモーセの言葉は主への信頼に満ちたものです。中でも10~14節には三つの比喩があります。第一に「ご自分のひとみのように守られた」とは、注意深く特別な眼差し。第二に「翼に乗せて運ぶ」とは、ひな鳥が弱っている時、親鳥が翼に乗せて連れていく様子です。第三には良きもので民を導く牧者の姿として。このような神の愛こそが、人間が学ぶべき愛の姿です。誰にでも親がいます。その親はどのような人でしたか?人によっては悲しい思い出しかないという時もあります。その時、真の父、愛なる神をあなたの親としよう。今日はH・Kさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 伊都キリスト教会。福岡市西区今宿東1-30-68にあります。駅からも近く、確か、電車からも見えたような気がします。この地は今、九州大学の移転に伴い、学生などが多い地域になりました。祈りの課題は以下です。①キリストにある教会の霊的一致。②各被災地の方々の霊的癒しと復興。③地域への福音伝道と救霊。主任牧師・友納 徳治、協力牧師・早川 寛 

申命記1章19~33節 「主があなたのために」 11月13日

2017-11-13

 モーセはカデシュ・バルネヤにおけるイスラエルの不信を語っています。アモリ人の土地を前に、その民は背が高く、町々は大きく、城壁も高いことで、「とても我らの手に負えない」とあきらめようとし、さらにこのような状況に導いた神への不平を語ります。これまでの道のりの中で神が道を開いてくださったことなどはすっかり忘れているのです。私どもも「手に負えない」ような事態を迎えることがあります。「あれが悪い、あの人が悪い」と不満を言い続け、現実から逃げること、そして自分を守ることで一杯です。もしあなたが解決や未来を願うなら、その時、この言葉を思い起してください。「主があなたのために戦われる」ことを。今日はK・Mさん、O・Yさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> バプテスト野方キリスト教会。福岡市西区戸切2-9-39にあります。地下鉄の駅が近くにできて、便利になったようです。祈りの課題は以下です。①礼拝、み言葉と祈りによる一致。②新会堂建築のために。③次世代への伝道、信仰継承のために。 牧師・宮田 祐亮

« Older Entries
バナー

訪問者数

  • 35今日の訪問者数:
  • 784月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
※このホームページ内の聖句は すべて、『聖書 新共同訳』: (c)共同訳聖書実行委員会  Executive Committee  of The Common Bible  Translation (c)日本聖書協会  Japan Bible Society ,  Tokyo 1987,1988 から引用しております。