哀歌4章1~5節 「明日へ向かって」 6月7日

「哀歌」は「ああー」という嘆息から始まるエレミヤの書です。「アルファベットによる詩」とあるように、各行の最初の言葉がヘブライ語アルファベットの順になっています。「あー、どうしてこんなことに」との言葉を私共もうめく時がありましょう。「どうしてそうなったのか」、もう過去の事実は変えられず、悔いても悔やみきれません。幼子が何の罪もないのに苦しんでいます。今日の箇所ではその先まで語っていませんが、「過去」は変わります。悔い改め(「体の向き、生き方を変えること」)と祈り、主の赦しの中で、過去が変わります。失敗があり、涙があり、後悔があります。でも、今日から主の言葉に従い、新たにされて歩み出そう。主が共におられるから。 

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 日本バプテスト立川キリスト教会秋川伝道所。あきる野市菅生616-2にあります。祈りの課題は以下です。①主日礼拝出席者の救いのために。②知的障碍者のCSチャイム練習と聖書の学びのために。③1月から社会人となった兄弟のために。牧師・福島 勇