創世記42章1~17節「ヨセフとその兄弟たちとの再会」8月12日

教会学校では8月25日迄「創世記」のヨセフ物語から学んでいます。信仰の始祖であるアブラハム、そしてイサク、ヤコブと続く世代で、ヨセフはヤコブの子になりますが、十代で兄達の反発を買い、エジプトに連れていかれ、エジプトで奴隷となります。しかし、夢を解釈する才能があり、エジプト王の夢が七年の豊作の後の七年の飢饉であることを解き、ヨセフ自身がエジプトの宰相になります。そしてついに、飢饉がやってきて、それは周辺にも及び、ヤコブの子らが食料を求めてエジプトにやってきて、ここでついにヨセフと再会します。ヨセフがここにいるとは気づかない兄と、気づいたヨセフ。面白い!ベニヤミンはヨセフと母を同じくする唯一の兄弟です。今日はM・Nさんのお誕生日おめでとうございます。
<日本バプテスト連盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 宮原キリスト教会。さいたま市北区日新町3-785にあります。祈りの課題は以下です。①伝道開始25周年を感謝し祈る。②次の25周年に向けて語り合う。③教会員の健康と新来の方の定着。 牧師・足立 智幸