日本バプテスト連盟 所沢キリスト教会

埼玉県所沢市泉町のプロテスタントの教会です

ローマ書9章19~33節 「命の目的を問いながら」 7月12日

2017-07-12

 20節の「造った」は、無から有を造るという意味ではなく、「ある形にする」ということで「プラスチック」の原語です。また「器」とあるのは「陶器、陶磁器」を表す「セラミック」の原語です。人は同じ粘土や材料を使ってお茶碗や便器だって作りますが、それは必要であり、正当な目的があるからです。まして神は、すべての命を必要とされ、目的を与えました。目的を見失うことが「罪(的外れ)」の意です。ユダヤ人の選民思想は本来、神に仕える愛の器であることを忘れ、自分だけは高級磁器のように思い込みました。いや、ユダヤの民をその幾重もの離反があっても赦し、愛し給う神は、異邦人も神の愛により存在します。ここに全ての命が等しく価値あるというキリスト教的人間論になります。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 高崎キリスト教会。高崎市中居町4-31-11にあります。高崎駅からは少し距離がありますが、バイバス沿いにあります。祈りの課題は以下です。①豊かな礼拝と神のみ言葉を求める活動のために。②礼拝・教会学校・祈り会の充実のために。牧師・森 淳一

バナー

訪問者数

  • 0現在の記事:
  • 35今日の訪問者数:
  • 784月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
※このホームページ内の聖句は すべて、『聖書 新共同訳』: (c)共同訳聖書実行委員会  Executive Committee  of The Common Bible  Translation (c)日本聖書協会  Japan Bible Society ,  Tokyo 1987,1988 から引用しております。