日本バプテスト連盟 所沢キリスト教会

埼玉県所沢市泉町のプロテスタントの教会です

ヨブ記31章1~9節 「因果応報論を超えて」 7月18日

2017-07-18

 苦難について考える時どうしても思い浮かぶのが「因果応報」です。今の苦難は過去に犯した罪の報いであるという考えは妥当なのでしょうか?「罪がある」と言われれば、誰にもその記憶はあるでしょう。だからといって今の苦難には釣り合わないと思います。ヨブもまたここで「自分は…したことは決してない」と何度も語ります。ヨブは確かに、彼自身の中に罪を犯した記憶はありません。しかしここで見えるヨブの姿、「私は…したことはない」と自分の明白を主張しながら、実は「…している」人間を罪に定めています。心病む時、他者の罪を裁く、ということでしか自分を慰める方法がない人間の深い悲しみを思います。聖書は因果応報と異なる立場を示します。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 郡山コスモス通りキリスト教会。郡山市中野2-57にあります。とても素敵な名前の教会です。3.11以来、被災地支援などに積極的にかかわってくださっています。またこの教会の金子牧師は現在、癌の治療中で、教会にはメッセージをインターネットをつかって伝えています。お祈りください。祈りの課題は以下です。①福島に住む人々の健康が守られるように。②原発事故の収束と作業員の健康。③被災中の地域に立つ教会としての使命。  牧師・金子 千嘉世

バナー
※このホームページ内の聖句は
すべて、『聖書 新共同訳』:
(c)共同訳聖書実行委員会
 Executive Committee
 of The Common Bible
 Translation
(c)日本聖書協会
 Japan Bible Society ,
 Tokyo 1987,1988
から引用しております。

アクセスカウンタ

ユニーク

ページ|ヒット |ユニーク

  • 24時間: 173
  • 7日間: 641
  • 30日間: 1,394
  • オンライン: 5