マルコ福音書1章29~39節 「祈りの中で新たな道が」 1月10日

 主イエスが宣教は大きな波紋となって人々の間に広がっていきます。ペトロのしゅうとを癒した記事は小さな癒しですが、それによって主イエス一行が多忙な中で食事にありつけたという微笑ましい箇所。そして主イエスの日々の生活が祈りから始まっていたことがわかります。主イエスが人に癒しや希望や力を分かち与えるためには、ご自身が祈りをもって、そのエネルギーを受ける必要があり、それは祈りに他ならないのです。主イエスが毎朝祈っておられるなら、私共もまた祈りなしに一日を始めることができないのです。そして祈りは自分がなすべきことが示されるものです。主イエスは人々の生活や苦しみや求めを知り、祈りの中で新たな歩みを始めるのです。 今日はT・Yさんのお誕生日おめでとうございます。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 松山西キリスト教会。松山市久万ノ台1498-3にあります。とても素敵な会堂です。祈りの課題は以下です。①来会者のハンドベル奉仕に。②成長した地域の子どもたちが神様と再会しています。③平和を作る働き。    牧師・シェラー・ロバート・H