日本バプテスト連盟 所沢キリスト教会

埼玉県所沢市泉町のプロテスタントの教会です

マラキ書3章19~24節 「旧約聖書最後の言葉」 2月2日

2017-02-02

「マラキ」は「わが使者」という意味で、人名ならば聖書唯一で、人名ととるか、書名とするのかは見解が分かれます。内容はイスラエルへの神の愛で始まり、契約の義務を遂行するようにとの招きで終っているように、神と民の関係性がテーマであり、契約を導かれた主がマラキ書の中心です。全55節のうち46節が「わたし」(主)と「あなた(がた)」(イスラエル)との対話形式で記されています。そして預言者エリヤの来臨が語られますが、エリヤをイエス・キリストと読んで良いと考えます。なお今日の箇所は「口語訳」や「新改訳」では4章になっています。ヘブル語原典に従い、4章は3章に組入れられました。新共同訳で1章減ったのには気づきませんでした。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 関西黎明キリスト教会。東大阪市上小坂3-6-9にあります。この教会の牧師夫妻は「里親」運動に参加し、実際に「里親」となっておられます。祈りの課題は以下です。①求道者の方々のバプテスマ決心。②教会の将来と若い世代の成長。③社会的養護の子どもと里親の必要。牧師・江田 治男

バナー
※このホームページ内の聖句は
すべて、『聖書 新共同訳』:
(c)共同訳聖書実行委員会
 Executive Committee
 of The Common Bible
 Translation
(c)日本聖書協会
 Japan Bible Society ,
 Tokyo 1987,1988
から引用しております。

アクセスカウンタ

ユニーク

ページ|ヒット |ユニーク

  • 24時間: 163
  • 7日間: 619
  • 30日間: 1,460
  • オンライン: 3