マタイ21章1~11節「子ろばを選ぶ主」 10月30日

この記事は主イエスのエルサレム入城時。5節が日曜に教会学校で学ぶゼカリヤ書からの引用になり、預言の成就を示します。今日は「ろば」に注目。主イエスは殺されることを知りながら、逃げることなく、準備をしていきます。「ろば」、過越しの食事の場所と食事等。そしてエルサレム入城に際し、世の王は力強くて速い馬に乗るのですが、主イエスは農耕で使われる「ろば」を用います。それも、まだ誰も人を乗せたことがない、つまり、経験がない「子ろば」でした。一般的に選ばれない「ろば」を主は用い、そして「ろば」は全力を用いて御用をします。ここに主に眼差しがあります。主の働きを担うのに、若い、経験がないことは問われません。ただ、主があなたを必要とされるのです。

<日本バプテスト連盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 連盟・社会福祉事業団体連絡協議会。①障がい者の尊厳性を保つ平等な社会。②高齢者の人権を尊重する共生社会。③子どもの人格が尊ばれる未来。6団体が加盟しています。