日本バプテスト連盟 所沢キリスト教会

埼玉県所沢市泉町のプロテスタントの教会です

マタイ福音書24章3~44節 「終わりを意識しつつ希望を持ち」 8月9日

2017-08-09

主の語った「黙示」(閉じられていたものが開かれることであり、特に終末=世界の裁きと救済)の記事です。この箇所を読んで「怖い」と感じる人「もう終末が始まっている」と考える人もいます。しかし私どもは信仰をもって「希望の言葉」を受け取ることができます。苦難もありましょう。でも「わたしの言葉は決して滅びない」と語る神は、救いのラッパが響く中であなたを招きます。この一連の箇所で「その時は父以外の誰も知らないこと」(その時を知ると語る人は偽預言者)であり、私どもが生きる日々は主がいつ来ても良い準備をしていることです。その歩みは、終末前に死を迎えるかもしれない私どもの生活を整え、信仰に生きるシンプルライフへ導きます。なお、本日長崎原爆被災者と核兵器の廃絶、核なき社会のことを覚えます。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 函館キリスト教会。函館市柏木町16-38にあります。この教会は小さなパイプオルガンが設置されており、その製作者を知っておりますので一度、このオルガンの音を聞きたいなと思っております。祈りの課題は以下です。①御言葉と祈り、聖書と主の愛の充満。②イスラエルの祝福と世界の平和。③献身者支援と教会の自立と献身。牧師・本田 啓示

バナー

訪問者数

  • 0現在の記事:
  • 28今日の訪問者数:
  • 396月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
※このホームページ内の聖句は すべて、『聖書 新共同訳』: (c)共同訳聖書実行委員会  Executive Committee  of The Common Bible  Translation (c)日本聖書協会  Japan Bible Society ,  Tokyo 1987,1988 から引用しております。