マタイ福音書18章15~20節「キリストに聞き従う教会」2月4日

ここは誰かが自分に対して罪を犯した場合、それは虚言や人格を傷つける行為等と考えます。その解決のため、まず、向き合って話し合うこと、さらに数名で、さらに教会で解決するように教えています。「教会」や、「異邦人」等の言葉は主イエスの言葉に後世の人が解釈を付したと考えられます。ここでは「教会」に権威を与え、地上の教会と天(神)が結びつき、鍵を開くことも閉じることもできる存在と語ります。二人、三人が主の名によって集まる(教会)時、そこに主がおられる、つまり、無力のように見える小さな群れにも主が共にあるという言葉を、教会が主と同等の権威を抱くと理解する時、教会はより一層、主を畏れ、自らの歩みを常に正す群れであるべきです。

<日本バプテスト連盟教会・伝道所等を覚えての祈り> 日本バプテストシオン山教会。福岡県北九州市小倉北区下到津2-15-21にあります。学校法人「西南女学院」の職員や学生が多く参加しています。祈りの課題は以下です。①世に立ち、語り、生きる教会。②宣教支援センター協働教会として地方連合との協力伝道に務める。牧師・伊藤 光雄