日本バプテスト連盟 所沢キリスト教会

埼玉県所沢市泉町のプロテスタントの教会です

マタイ福音書13章18~23節 「春を待つ心」 2月3日

2017-02-03

この箇所は13章冒頭から始まる「種を蒔く人のたとえ」の回答編です。御言葉は「種」であること、そして種が育たない理由が記してあります。そして「種」は御言葉であり、私どもの「命」そのものかもしれません。植物を育てようとする時、誰でも良き実り、美しい花を描き、準備して育てようとします。しかし、根が育ち、芽が出るには時間がかかります。開花の時期が2週間でも、植え付けから、数カ月かかる時もあります。インスタントな信仰も、インスタントな心の成長は有り得ません。急がず、慌てず、諦めず、時を待ち望むのです。そこに希望がありますから。そして、種まきと収穫を繰り返しながら、畑は肥沃な土地へと変わります。明日は「立春」。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 東大阪キリスト教会。東大阪市花園東町1-20-19にあります。祈りの課題は以下です。①自立40周年、キリストと共に次へ。②我教会、ここにキリスト生きて在り。③主がご入用なのです、弱い小さい私。 牧師・柴田 良和

バナー

訪問者数

  • 0現在の記事:
  • 35今日の訪問者数:
  • 784月別訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
※このホームページ内の聖句は すべて、『聖書 新共同訳』: (c)共同訳聖書実行委員会  Executive Committee  of The Common Bible  Translation (c)日本聖書協会  Japan Bible Society ,  Tokyo 1987,1988 から引用しております。