ペトロの手紙Ⅰ 1章3~9節 「あなたが生きるために」 3月31日

 復活やよみがえり。それは人の死に関わるものですが、私共により近い人生の中での「復活」や「再生」があります。実際それは、福音書でイエスと出会った人の中に起っています。たとえば、長年、病にかかり、人との関係が失われ、自分の生きている意味が理解できない人がいました。しかし、主イエスとの出会いの中で、彼女は主イエスと対話し、主の力を受けて新たな歩みをしていきます(そこには病の「癒し」のみならず全人格的な「癒し」があった)。あるいは「待っている父」のたとえ話で、愛される資格を自分自身で失い、でも父のところに帰ってきた息子を父は「この子は死んでいたのによみがえった」と喜んでいます。「復活」はあなた自身が喜び、新たに生きる道であり、そこに「生き生きとした希望」が生まれるのです。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 連盟引退教役者を覚えて。福本幾男氏(福岡県在住)、藤井健児氏(福岡県在住)