日本バプテスト連盟 所沢キリスト教会

埼玉県所沢市泉町のプロテスタントの教会です

サムエル記下7章8~17節 「士師時代から王国時代へ」 9月4日

2017-09-04

士師の時代を経て、イスラエルの人々は「他の国々のように王をたてよ」という要求が出されます。最後の士師であり、祭司であるサムエルは「王をたてると息子娘は軍事のために徴用され、税金も増える」と難色を示しますが、結果、王の樹立に向かいます(サムエル記上8章)。その後、サウル王、そしてダビデ王が立てられます。今日の箇所は、ダビデに対して「士師時代からの敵は神がすべて退ける、そして王国は揺るぎないものとする」という約束が語られるのです。しかし、現実にはそのように進みませんでした。なぜでしょう。ダビデでも王になると自らの力と権力に酔いしれて主なる神を心の中で退けるのです。神の約束に応えられない人間の傲慢と弱さ。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 バプテスト川内キリスト教会。鹿児島県薩摩川内市平佐町2934-1にあります。「川内」は「せんだい」と読みます。学童保育などもされて地域に貢献している教会です。祈りの課題は以下です。①主任牧師がたてられ教会の体制が整えられますように。②薩摩川内への伝道が広げられるように。協力牧師・立島 和史

バナー
※このホームページ内の聖句は
すべて、『聖書 新共同訳』:
(c)共同訳聖書実行委員会
 Executive Committee
 of The Common Bible
 Translation
(c)日本聖書協会
 Japan Bible Society ,
 Tokyo 1987,1988
から引用しております。

アクセスカウンタ

ユニーク

ページ|ヒット |ユニーク

  • 24時間: 0
  • 7日間: 419
  • 30日間: 1,161
  • オンライン: 0