日本バプテスト連盟 所沢キリスト教会

埼玉県所沢市泉町のプロテスタントの教会です

イザヤ書42章1~9節 「命の意味を問いながら」 7月11日

2017-07-11

「主の僕(しもべ)」と呼ばれる箇所の一つであり、キリスト預言の言葉です。ここで、創造者なる神は、息を与え、霊を与え、名を呼び、人間の回復を与える方と記されます。息をするためには空気が必要です。そこに神の息である聖霊が注がれる時に人は真実に生き生きした命へと招かれます。神の息は人に対して「どのように歩むのか、生きている意味は何なのか」ということを教えるのです。この問いを主に聞き、答えを求める歩みがなければ命が空しくなります。それは神を愛し、礼拝しすることであり、同時に、他者を愛し、他者に仕える姿です。それらを考え、行う時、喜びが生まれます。教会に来て、神さまのことを学び、奉仕や祈りの分かち合いと実践はあなたを喜びの道に導くでしょう。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 東海伝道所。茨城県那珂郡東海村須和間2000-1にあります。近くにある学校法人「みぎわ幼稚園」の精神的母体です。住宅地の入り口にあります。祈りの課題は以下です。①主の御名によって一つに。②霊的成長・成熟を。③教会俊樹へと導かれますように。牧師・諏訪 正輝

バナー
※このホームページ内の聖句は
すべて、『聖書 新共同訳』:
(c)共同訳聖書実行委員会
 Executive Committee
 of The Common Bible
 Translation
(c)日本聖書協会
 Japan Bible Society ,
 Tokyo 1987,1988
から引用しております。

アクセスカウンタ

ユニーク

ページ|ヒット |ユニーク

  • 24時間: 0
  • 7日間: 419
  • 30日間: 1,161
  • オンライン: 0