日本バプテスト連盟 所沢キリスト教会

埼玉県所沢市泉町のプロテスタントの教会です

イザヤ書28章7~13節 「神の憩いに心寄せる安息日」 7月5日

2017-07-05

北王国がアッシリアによりサマリアが陥落しますが、南王国ユダでもアッシリアの脅威に対して自己保身と酒宴に明け暮れている南王国の政治家・神殿への批判をイザヤは告げています。彼らは現実から目をそらし、忘れるかのように濃い酒を飲み、その食卓には何と吐いたものが溢れているのです。それを彼らは「安息」と呼び、イザヤの言葉や律法を馬鹿にして「律法、規則、ああ、うるさい、面倒くさい」と言っているのです。「安息」とは日々の忘却ではなく、現実から目をそらして一時的な快楽を楽しむ日ではなく、神の思いを集中して聞き、祈り、考える時なのです。「安息」や「憩い」を何に求めるのか、ということは、現代の人々も間違えているのではないでしょうか。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 宮原キリスト教会。さいたま市北区日新町3-785にあります。近くにミッションスクールの聖学院があり、その学校に通う学生の方々も出席されています。祈りの課題は以下です。①神の望みに生きる教会の実現。②常に喜び祈り感謝できるように。③新来者の定着と教会の祝福。 牧師・足立 智幸

バナー
※このホームページ内の聖句は
すべて、『聖書 新共同訳』:
(c)共同訳聖書実行委員会
 Executive Committee
 of The Common Bible
 Translation
(c)日本聖書協会
 Japan Bible Society ,
 Tokyo 1987,1988
から引用しております。

アクセスカウンタ

ユニーク

ページ|ヒット |ユニーク

  • 24時間: 0
  • 7日間: 419
  • 30日間: 1,161
  • オンライン: 0