Ⅰコリント11章17~34節 「ふさわしくない姿」 5月6日

 パウロが苦言を呈します。当時は日曜祝日の制度はありません。教会の礼拝はある日の夜に行われていました。礼拝の日はそれぞれが食事を持ち寄り、食事の中で「主の晩餐式」が行われます。勿論、ぶどう酒も本物です。その前後に讃美歌や宣教が行われたと考えられます。ところが、貧しいため、遅くまで仕事をした労働者が礼拝に着いた頃にはもう食べ物がない、とか、礼拝もひと段落してぶどう酒を飲みすぎた人もいました。ゆえにメンバーが皆揃うまで待ちなさいと諭すのです。教会は一つの体です。互いに繋がり、配慮し合い、一つとなるためにどうするのか祈り、話し合うことが大事なのです。27節の「ふさわしくない」とは愛と配慮に欠ける礼拝者の姿です。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 青葉キリスト教会。横浜市青葉区しらとり台19-7にあります。祈りの課題は以下です。①青葉地域の人々への宣教のために。②ユースメンバーの信仰成長のために。③家族への伝道が実を結ぶように。牧師・三宅真嗣、副牧師・三宅知子